本文へスキップ

3年間で理学療法士になってみせる。絶対に!

資料請求 オープンキャンパス予約

あなたの「本気」にとことん応える、5つの特長

最短コースで即戦力を目指す3年制。
最短で理学療法士をめざすなら、3年制。4年制より学費を抑えられますし、1年早く臨床現場で経験を積めます。しかし、留年したり、国家試験一発合格ができなければ、そのメリットはありません。本学院は、万全の体制であなたの本気にお応えします。

医療法人が母体の専門学校。
母体が医療法人であることは、様々な面でアドバンテージがあります。まず、臨床実習や就職の際に、あなたの希望や適正に応じて、幅広い選択肢をご用意できます。また、アルバイトを希望する学院生には医療福祉に関わる仕事をご紹介可能。本物の医療を肌で感じながら学べます。

理事長自らが療法士。
学校経営の要である理事長が療法士という学校は全国でもほとんどありません。本学院は、理事長が自らの経験をベースに、本気で理学療法士をめざす学院生の思いに応える施策をきめ細かく行っています。学院生ファーストの経営。これも倉敷リハ学院の大きな特長です。

学院内の学科試験での留年をゼロに。
本試験が不合格でも、100点をとるまで試験にトライできる独自の特別講座(通称:トライ)を導入しています。3年間で国家試験一発合格をめざす本学院では、学院内の学科試験が原因の留年はいままで一度もありません。担当教員がとことんサポートいたします。

万が一の場合、卒業後も安心フォロー。
万が一、試験当日に体調不良等で実力を発揮できずに国家試験浪人として卒業してしまったとしても、篠原副学院長が主宰する国家試験対策校へ紹介することができます。また、夏季・冬季の集中セミナー合宿にも実費のみで参加が可能。全国模試も本学院で受験することができます。