倉敷リハビリテーション学院

理学療法学科 3年生課程(定員40名/1学年)

変化する社会の中でリーダーシップを発揮できる理学療法士を目指そう

理学療法士は病院、介護施設、福祉、行政機関、教育機関、スポーツ分野など様々な現場で活躍しています。本学科では、他の資格(受験資格)も得られ、競技力向上や健康づくりなど、さまざまな現場でトレーニング指導に携わるプラスαを持ったセラピストを養成します。

理学療法士とは

医師は命(その瞬間)を助ける!理学療法士は今後の生活(一生)を助ける!

脳卒中、心筋梗塞、交通事故、スポーツ障害、生活習慣病、生まれながらにして身体に障害がある方々に対し、リハビリテーション(運動療法、物理療法などの治療技術)を行い日常生活を送るにの必要な身体の状態を取り戻します。
病院などで「リハビリの先生」と呼ばれるリハビリテーションのプロフェッショナルです。

運動療法
物理療法
装具療法
日常生活の動作訓練
治療(Therapy)

理学療法士の就職環境

主な就職先は医療機関になりますが、年々職域が増えています。近年では職場環境も整備されてきており、院内に託児所も完備される等、女性も働き易い施設が触れています。また、特別な場合を除き日中勤務になります。
近年、理学療法士の資格は花嫁道具になると言われています。

在校生の声

倉リハではいろいろな経験ができます!
病気で体を動かすのが難しくなた祖母の身体を少しでも手伝いたいと思い理学療法士を目指しました。倉リハ学院では、色々な所に実習に行かせていただいたり、ボランティアなど様々な経験をさせていただきました。勉強は難しいですが友達と一緒にしたり、分からない時は先生に聞いたりして頑張っています。
上小城 葵生さん(銀河学院高等学校出身)
国家試験対策がばっちりです!
私は高校時代に部活動で怪我をして理学療法士の方にお世話になったことがきっかけで、自分もこの仕事に就きたいと考えました。倉リハ学院は、国家試験合格に力を入れており、力強い先生方のサポートがある学校です。自分の夢を叶えたいと思っている方はぜひ倉リハ学院への入学をお勧めします。
青木 成美さん(岡山県立倉敷中央高等学校出身)
人を支える仕事をしたくて。
私が理学療法士を目指そうと思ったきっかけは、身内がお世話になったからでした。入学当初は、子供がいるため家事や育児と両立できるか不安でしたが、新しい知識を学ぶ事はとても新鮮で、学校も楽しく、今は入学を決意して良かったと思っています。3年で資格取得が出来るのも、魅力だと思います。
樋口 朝子さん(岡山理科大学専門学校トリミング学科出身)
卒業後は即戦力として働きたい!
私は大学卒業後3年間介護職員として働いていました。高齢者のリハビリに携わる中で、高齢者の方々が少しでも長く健康に生活できるよう手助けをしたいと思い、入学を決意しました。倉リハ学院では知識・技術だけでなく、社会人・医療人としての心構えも徹底して指導してくださるので現場で必要とされる人材を目指せます。
長安 恭兵さん(川崎医療福祉大学出身)

将来のフィールド

●一般病院 ●リハビリテーション専門病院 ●介護老人保健施設
●教育機関 ●フィットネスクラブ ●行政機関 ●プロスポーツチーム

カリキュラム

基礎分野

科学的思考の基盤や人間の生活基盤となる学問を学びます。

生物学、統計学、物理学、医学英語、情報科学、医療管理学

専門基礎分野

人体の構造と機能及び心身の発達について学びます。

解剖学、生理学、運動学、解剖学実習

疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進について学びます。

病理学概論、精神医学、内科学、神経内科学、整形外科学、小児科学

保健医療福祉とリハビリテーションの理念について学びます。

リハビリテーション関連職種概論

専門分野

理学療法学の基礎学問を学びます。

基礎機能解剖学、運動療法総論、総合解剖生理学、
基礎理学療法総合、基礎理学療法学演習、理学療法基礎研究法

理学療法で行う「評価」について学びます。

理学療法評価学Ⅰ、理学療法評価額Ⅱ(演習)、
理学療法総合演習Ⅰ(OSCE)、理学療法評価額Ⅱ(OSCE)

理学療法の治療について学びます。

理学療法学Ⅰ 運動器、理学療法学Ⅱ 中枢疾患、運動療法学Ⅲ小児疾患、
運動療法学Ⅳ 内部障害、運動療法学Ⅴ スポーツ障害、物理療法学

地域・居宅で行われる理学療法について学びます。

地域リハビリテーション論、日常生活環境論

学内学習の実践として臨床実習を行います

臨床実習Ⅰ〜Ⅳ