本文へスキップ

3年間で理学療法士になってみせる。絶対に!



あなたの「本気」にとことん応える


お洒落なカフェのような学食、ありません。

キャピキャピわいわい楽しいサークル・部活動、ありません。

私たちの学校にあるのは、理学療法士をめざすあなたの本気に応える

学び・設備・システム・制度のみ。

それらは、自ら療法士の資格を持つ理事長をはじめ、

すべての教職員の熱い思いから生まれました。

ですから、中途半端な気持ちで来てほしくはない。

逆に、本気で理学療法士になりたいと思っていても、

理数系の科目が苦手でためらっている方は大歓迎です。

みっちり、とことん3年間で卒業、国家試験一発合格に導き、

同時に医療人としての資質をしっかりと身につけていただきます。

きっとあなたの人生においていちばん密度の濃い3年間になることでしょう。

理学療法士の養成校は数多くあるけど、こんな学校ほかにはない。



PHILOSOPHYHISTORY


今年で開校
16周年を迎える実績とブランド


倉敷リハビリテーション学院の母体は、福嶋医院やいるかの家リハビリテーションセンターを中心とした「福嶋いるかグループ」。

私ども倉敷リハビリテーション学院は、「皆に優しく、共に楽しく」を基本理念に誰もが住み慣れた地域で、安心して、楽しく生活できる社会づくり、ノーマライゼーションのまちづくりを目指す医療従事者の養成を目的に、平成1541日、学校法人福嶋学園 専門学校福嶋リハビリテーション学院が誕生しました。また、平成2641日より倉敷の伝統、文化に触れる教育環境の地で、理学療法士に不可欠のホスピタリティーの心を育くむことを願って、倉敷リハビリテーション学院を新設いたしました。

倉敷リハビリテーション学院の学生は、専門的な知識技術を提供できることはもちろん、倉敷の近隣地区のクリニックや高齢者施設など地域に根ざした実践の場で「生きた勉強」をすることで見識を高める機会を得ています。


MESSAGE

高校卒の方だけでなく、 主婦や社会人の意欲ある方も大歓迎です。

私は、40歳代初めに、地域の患者様のために医療従事者になりたいと思い、3人の子供を育てながら、専門学校に3年間通学し45歳で作業療法士の国家資格を取得しました。その後、研鑽を積み54歳の時に医療福祉学博士を取得しました。やる気さえあればかつての私のような専業主婦や転職をお考えの社会人の方も理学療法士の国家資格を取得することが可能です。そのためには、就学期間が短く、留年せずに国家試験に1回で合格するためのメソッドを有している本学院で学ぶことを、お勧めいたします。興味がある方、ぜひ私と一緒に学びましょう!!

理事長・学院長

    作業療法士  博士(医療福祉学)

    福嶋 裕美子


リハビリテーションの明日を担う真の人材は理想的な教育環境から生まれる。

この学院は、いるかの家リハビリテーションセンターをはじめとする、医療・介護・福祉施設のグループネットワークをつくり上げてきた私たちが理想の職業教育環境をめざして創設した学校です。 寄島町を中心にリハビリテーションを核にしたノーマライゼーションのまちづくりに邁進する中、更なる飛躍を遂げるべく平成264月に倉敷の地にその輪を広げました。 地域社会に奉仕する医療人としての生き方の基礎を身につけ、いたわりの心を持ったセラピストを育てます。

名誉学院長

    医師  博士(医学

   福嶋 啓祐


資格を生かし、一生社会に貢献できる素晴らしい専門職、それが理学療法士。

専門学校とは専門職・専門家を育成する学校です。そして、理学療法士はリハビリテーション医療の中心的な役割を果たす専門職です。仕事の範囲は、医療、福祉を中心に地域行政、教育、スポーツなど様々な分野でその力を発揮しています。理学療法士が対象とする方々は、子供からお年寄りまで、脳卒中、交通事故による障がいなど幅広い範囲の方々に及びます。国家資格ですので、一生その資格を活かし社会に貢献できるのです。こんな素晴らしい専門職・専門家になり、たくさんの方々を援助していきたいという意欲高き方々は、倉敷リハビリテーション学院で共に勉強しましょう。

副学院長

     理学療法士

   篠原 豊


皆さんの「理学療法士になる」という夢を実現できるよう努めてまいります。

理学療法士は医学的根拠に基づく確かな知識と技術をもち、患者さんと向き合い、多くの方と協力しながら治療を進めていく仕事です。本学院では、関連施設による充実した支援体制のもと、1年次から関連施設の指導者と協働して理学療法に必要な知識・技術はもちろん豊かな人間性や社会性の向上も目指ざしています。また、教職員による徹底した個別指導により、学生の基礎学力や専門的知識を自ら活かす力として発揮できるようにサポートしています。本学院は教職員一同、皆さんの「理学療法士になる」という夢を実現できるよう努めてまいります。

副学院長・学科長

   理学療法士

   弓掛 秀樹