トップページ > 学科案内 > 理学療法学科
学科案内 理学療法士
学療法士は、ケガや病気などによる機能障害 (麻痺・筋力低下・関節可動域制限・感覚障害) に対して、痛みを和らげて本来の運動機能を引き出していく、リハビリテーションの専門家です。
骨や筋肉などの構造をふまえた上で、運動や電気、温熱、光線などの物理的な治療を行ない、身体機能の回復に導きます。

国家試験受験資格 「トレーニング指導者」受験資格
「スポーツクラブインストラクター」受験資格
「中高老年期運動指導士」受験資格
「要介護予防運動スペシャリスト」受験資格
障害者スポーツ指導員

目指す資格 理学療法士(国家資格)

将来のフィールド
●総合病院・医院
●リハビリテーション施設
●老人保健施設・福祉施設
●身体障害者福祉施設
●プロスポーツトレーナー
●行政機関
●教育・研究機関
●医療・福祉関連企業
●地域福祉センター
カリキュラム

■基礎分野
科学的思考の基盤を培い、人間に対する理解を深めることを目的に、医療技術者としてふさわしい幅広い教養を学び、ホスピタリティの精神やコミュニケーション能力を磨いていきます。
哲学 倫理学 統計学 心理学 物理学 生物学 人間工学 情報科学 英語 医学英語 体育理論・実技
カリキュラムPT基礎

■専門基礎分野
人体の構造と機能や、疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進など、リハビリテーションに必要な高い専門知識を身につけます。
解剖学/解剖学実習 生理学/生理学実習 運動学/運動学実習 臨床心理学 人間発達学 病理学概論 内科学 整形外科学 神経内科学 精神医学 小児科学 外科学 作業療法概論 言語療法概論 看護・介護概論 リハビリテーション概論 リハビリテーション医学
カリキュラムPT専門基礎分野

■専門分野
患者様及び障害のある方の地域における生活を支援するための問題解決能力を養います。
理学療法概論T 理学療法概論U 理学療法評価法 理学療法評価法実習 運動療法学 運動療法学実習 理学療法治療学 理学療法技術論 物理療法学 物理療法学実習 日常生活技術論 日常生活技術論実習 生活環境論 義肢装具学 地域理学療法学 実習T(介護実習) 実習U(評価実習) 実習V・W(臨床実習) リハビリテーションセミナー
カリキュラムPT専門分野


理学療法士だからできることって何ですか?
例えば痛みを和らげる場合、その原因が関節なのか、筋肉なのか、靭帯なのか、動作による痛みなのかなどの原因を追究し、徒手的に関節や筋肉にアプローチしたり、温熱や電気などの治療機器を用いたり、装具などで固定や保護をして痛みを和らげることができます。